上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大勝:
オリンピックムードがひと段落しましたが、
野村監督が連載しているサンケイスポーツコラムのオリンピック特別版で
浅田真央さんの敗因について興味深いコメントをしておられたので紹介します。

渡辺:
「以前触れていたオリンピックに関するもう一つのいいコメントというのは、
 野村監督のコメントだったんですね。」

大勝:
野村さんはこう解説します。

“追う立場の浅田真央さんは本来弱い立場だったにも関わらず
 キム・ヨナさんを倒すための戦術を練るまでに至らず
 【トリプルアクセルを決めて、なお完璧な演技を目指す】という
 金メダルにふさわしい演技を目指すことしか選択肢が無かった。

 一方、キム・ヨナさんは、
 真央さんが完璧に演技しなければ自分が負けることはない。
 トリプルアクセルという絶対的技術を持っていないから、
 【それならば他のジャンプを完璧にこなすこと】
 等、することが明確だった。”

キム・ヨナさんは、王者でありながら、弱者の戦術を徹底して臨んだ、というわけです。

渡辺:
「弱者の戦術ですか・・・」

大勝:
どうすれば勝つか?を目指した真央さんに比べて、
キム・ヨナさんは、何をすれば勝つかを分かっていたため
余裕があったということです。

“真央さんは、【金の演技のために】闘い
 キム・ヨナさんは、【真央さんを倒すために】闘った。

 【自分にとってのベストではなく 
 相手に勝つためのベスト】を考えること。”

野村監督は、【弱者の戦術】というものがあり、
「野球で勝つためにはこのような弱者の戦術が必要」と言っています。
「技術だけでは限界があり、その先にあるもので勝負が決まる。」と。

これはFXに通じてきませんか?

渡辺:どのようにですか?

大勝:
「目的がなければ手段は存在しない。手段は単純であればあるほど努力の方向性を誤らなくていい。」と。

手段は単純なほどいいんです。
コテコテのルールを作らなくても、ということですね。


<本日のまとめ>

【どうすれば勝つ】というのを探してる状態ではまだ勝てません。

【俺は何をしたら勝てるんだ】というのがわかっていたらメンタリティは楽なのです。



↓    ↓
新コーナー、『●CFD週間分析と投資信託』スタートで
イブニングレポートも週6回に。
【為替・ゴールド・NYダウ・原油】を分析。




↓   ↓
動画で学ぶ実戦的投資Eラーニング
円ラーニング



今日も応援クリックありがとうございます。    
人気ブログランキングへにほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村 


Secret

TrackBackURL
→http://oliveforex.blog129.fc2.com/tb.php/29-61dae6f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。