上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渡辺:
ギリシャ財政危機のユーロ急落で、1晩で1500万円大損した人もいるみたいですね。

大勝:
そうでしょうね。

渡辺:
まさかこんなに下がるなんて、、と思っていたのでしょうか。


大勝:

落ちる時はどこまでも落ちますからね。

このあたりまできたら反転するだろう、と思ったのでしょうが
読み違いだったなというところで既にいけてないような気がするんですけどね。
裁量トレードをやっていて相場が荒れる度に大損するのは違うんじゃないかと。

渡辺:
というと?

大勝:
一般トレーダーがファンダメンタルで売り買いすることに無理があると思うんですよね。
我々一般人がファンダメンタル勉強して相場を読むことが出来ますか?
ユーロの反発を期待する買い注文を出した人も多くいたと思いますが、
反発を期待するサインが出ていましたか?

サインが出たなら、買うのは構わないけど必ずストップを置かないと。
売れるときは、ここぞとばかりに売りまくられますからね。

ギリシャショックではユーロ売りの回避通貨として円が買われた・・とか
国債の大半を日本国民が負担してることこから安心感を得て・・・とかいう分析もありますが、
これは単なる後付けですからね。

渡辺:
安値圏で反転を期待して買った人達もいたそうですが。

大勝:
安値圏って誰が決めたんですか?
ファンダメンタルは考えるだけ無駄だと思いますよ。

短期的な為替相場は実需じゃなく、
市場に参加している人達の考えで動きますからね。
皆どれを売ろうか狙ってるんですよ。

今の主役はユーロだから
ユーロ絡みのニュースが入ったらすぐ売りに反応するんです。

短期トレードでファンダメンタル分析するより
市場参加者の心理を読んだ方がいいです。






無料配信しています。
無料配信!おやすみ前の大勝負 トライアル版
(円ラーニングトップページ下部を参照


順位が上がってきました。
いつも応援ありがとうございます!
↓↓   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村








Secret

TrackBackURL
→http://oliveforex.blog129.fc2.com/tb.php/82-f132a6f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。